着付けの活動

着付けコンクール 着付け試験
資格の習得

着装認定試験・着付け技能コンクール

平成初頭より実施され、4級~1級、講師、師範の階級から成る権威ある資格試験。浴衣から振袖、留袖、男子礼装まで着付け全般を網羅。東京会場で実施される認定試験はコンクール形式にて実施。毎年3月に実施され、試験1カ月前には試験直前講習会を実施。

着付け国家検定講習会
対策講座

着付け国家検定講習会

着付け職種技能検定合格に向けての講習会。講師は全員着付け職種技能検定1級取得者で、その経験からポイントに絞った内容を親切丁寧に指導する。原則的に毎年7月から9月まで計4回実施され、講習会参加者の技能検定合格率は毎年90%を超える。

着付け特別講習会
特別講座

着付け特別講習会

一般的な着付けとは別に、特別講師を迎え通常学ぶことのできない特殊な着付けを伝授する講習会。これまで、時代衣裳着付師による時代ものの着付け技法や国内トップレベルの美容着付師による着付け指導法など、毎回多種多様な内容で好評のある講習会。年1回実施。

着付け職種技能検定
協賛事業

着付け職種技能検定への協賛

当連合会と日本和裁士会共立の全日本和裁連絡協議会が、着付け職種技能検定を運営する全日本着付け技能センターの正会員として運営に携わる。当連合会会員から技能検定委員として数名輩出されている。また、設立当初より、受検申請受付窓口となっている。