平成29年度 着付け講習会 ルポ

デモンストレーション

課題模範演技者解説
3級自他装 袷長着名古屋帯内藤紀子さん
内藤佳奈さん
石澤節子先生
2級自他装 訪問着二重太鼓石川あさみさん
松田裕子さん
中村美香先生
男子2級他装 男子長着羽織竹野正規さん鈴木勲吾先生
1級自装 留袖二重太鼓
他装 振袖ふくら雀
中村美香さん
富塚唯さん
浦野房江先生
薩摩令子先生
男子1級他装 男子長着羽織 袴田中周作さん鈴木勲吾先生
講師他装 振袖文庫基本形
他装 振袖立矢基本形
福永寿美さん
浦野房江先生
山本ひかるさん
師範他装 振袖着付け 創作帯結び山本ひかるさん-

平成29年4月16日 北澤八幡神社

着付け講習会




平成28年度 着付け講習会 ルポ

秋の特別企画「舞妓さんの着付け・展示・実習」

平成28年10月16日、北沢八幡宮にて『舞妓さんの着付け・展示・実習』が開催されました。講師は東京衣裳きもの学院元院長、時代衣装着付け士の井上純一先生。日本舞踊・演劇・映画・オペラ・TVドラマ・CMなどの着付けで幅広くご活躍されています。

講習は朝9時半から始まり、まずは先生によるお手本が披露され、10時45分からは参加者が5人1組となり実習が行われました。午後には実習の続きの他、返し衿や作り帯の実演、最後は関東の芸者さんの帯結びである柳結び、その変形のひっかけ結びを見せて頂き大変盛り沢山な一日でした。

舞妓さんの衣裳など、時代衣装や舞台衣装はテレビや観劇で見ることはあっても実際に手に触れることは普段の生活ではほぼないことなので、大変貴重な講習会であったと思います。

着付け講習会




平成27年度 着付け講習会 ルポ

デモンストレーション

平成27年4月19日、北澤八幡神社にて、今年度第1回目の着付け講習会が行われました。

1回目の講習は毎年恒例になりました「着装認定試験課題のデモンストレーション」です。

3級から師範まで、26年度の認定試験で優秀賞を受賞された方々を中心に、ステージ上で実演が披露されました。

今年より試験に臨む方や次のステップを目指す方にとっては、とても参考になる講習内容になっています。

着付け講習会




平成26年度 着付け講習会 ルポ

品をつくる眉メイク・・・ポイントメイク講座

7月の着装講習会は午前中の二時間を使って、メイク講習会が行われました。
講師はメイクアップアーティスト、サロンオーナーでもある大東京和服裁縫教師会の石澤節子先生。

まず、受講者の中からメイクモデルが1名選ばれ、実際に石澤先生によるメイクが始まると、見る見るうちに、着物に負けない肌の質感、エッジの効いた目元など、華やかな容貌に完成しました。

着物用のメイクの際は、肌の質感は艶っぽいものよりはマットなものを、口紅も少し鮮やかなはっきりした色調が良い等々、ポイントを押さえた分かりやすいご指導でした。

一通りの講義の後、参加者がメイクをする際に困っていることなどの質疑応答があり、何より印象的だったのは、参加者の皆さんがときめきながら受講されていたことです。
参加者の皆さんにとって、とてもためになる、そして楽しい講習会となりました。

ポイントメイク講座


補正と半衿付け

5月11日、2回目の講習は「補正と半衿付け」。

補正では、まず基本の型を習い、今回は晒とガーゼで補正下着を作成。体型に合わせて綿などを入れられる、工夫された既製品にはない下着となりました。

半襟付けでは、三河芯の内側をつらせて付けることなど、いくつかのポイントが説明され、下の土台を綺麗につければ上にのる半襟も綺麗につけられるという基本を改めて学ぶ講習会となりました。

補正と半衿付け


デモンストレーション

平成26年4月6日、北澤八幡神社にて、今年度第1回目の着付け講習会が行われました。1回目の講習は毎年恒例になりました「着装認定試験課題のデモンストレーション」です。
25年度の認定試験で優秀賞を受賞された方々を中心に、各級ごとステージ上で実演が披露され、今年より試験に臨む方や次のステップを目指す方にとっては、とても参考になる講習内容になっています。

写真上clickで拡大

着付け講習
3級自装 袷長着 名古屋帯

着付け講習
3級他装 袷長着 名古屋帯

着付け講習
2級自装 だて衿付着物二重太鼓

着付け講習
2級他装 だて衿付着物二重太鼓


着付け講習
1級自装 留袖二重太鼓

着付け講習
1級他装 振袖ふくら雀

着付け講習
講師他装 振袖文庫基本形

着付け講習
講師他装 振袖立矢基本形


着付け講習
師範他装 男子礼装長着・羽織・袴

着付け講習
師範他装 創作帯結び




平成25年度 着付け講習会 ルポ

デモンストレーション

平成25年4月21日、北澤八幡神社にて、今年度第1回目の着付け講習会が行われました。今回のテーマは、「着装認定試験課題のデモンストレーション」です。

写真上clickで拡大

着付け講習
師範他装 男子礼装長着・羽織・袴

着付け講習
師範他装 創作帯結び

着付け講習
師範他装 創作帯結び

着付け講習
講師他装 振袖文庫基本形


着付け講習
講師他装 振袖立矢基本形

着付け講習
1級自装 留袖二重太鼓

着付け講習
1級他装 振袖ふくら雀

着付け講習
2級自装 訪問着二重太鼓


着付け講習
2級他装 訪問着二重太鼓

着付け講習
男子2級自装 長着 羽織

着付け講習
3級自装 袷長着 名古屋帯

着付け講習
3級他装 袷長着 名古屋帯 


引き抜き帯結び

デモンストレーションの後、着装指導員による「引き抜き帯結び」の実演が行われました。
(柄が逆さになっている帯の結び方)

通常通り胴に二巻き巻きます。そして、手先をたれの方に廻して1回結びますが、この時全部引き抜くのではなく、結び目のところでたれと手先をしっかり結んでからたれ先をちょうどいい位置まで調節し、引っ張ります。

写真上clickで拡大

引き抜き帯結び

引き抜き帯結び

引き抜き帯結び

引き抜き帯結び


引き抜き帯結び

引き抜き帯結び




平成24年度 着付け講習会 ルポ

男子礼装 鈴木勲吾指導員

平成24年10月21日、男子礼装の着付講習会を行いました。
試験では、着物を着せるところからですが、事前準備としてのモデルの補正、長襦袢の腰紐の位置や半衿合わせ、背のゆるみ等の確認事項を教えました。
着物については、羽二重なので衿合わせは通常より深めに合わせる(すべるので着用中に広がっていく)ように。
腰紐は下腹にかかるように、前下り後上りになるように、結びめは長襦袢と逆の位置になるように教えました。
帯は一文字の巾が袴の腰板より若干せまくする事によって袴の後紐を結ぶとき、腰板がしっかり乗って、笹ひだがキレイに見えると教えました。
袴は前紐が帯の一文字にねじらず交差する手さばきと腰板がモデルの背中にピタッとくっついているように後紐を結ぶ。袴の十文字はずれると非常に目立つし、直すのも困難なので慎重に結ぶことと教えました。
羽織はとりあえず着せて、羽織紐をかけて、モデルの総点検を前方上から一歩離れて確認していきます。
全体的な流れとして一回で決めていく。確認は大事ですがあくまで確認。何度も同じところをいじらないと教えました。
男性の着装は女性と違いなかなか着せる機会がないと思うので、すぐに忘れがちになります。
合格することはもちろんですが、合格後が本当に大切なので、忘れないようにポイント等教科書をたまには見てほしいと思います。

着付け講習会

着付け講習会



デモンストレーション

平成24年4月15日、北澤八幡神社にて、今年度第1回目の着付け講習会が行われました。今回のテーマは、「着装認定試験で優秀賞を受賞した全級の方々のよるデモンストレーション」ということで、今後認定試験を受ける方にとってはとても勉強になる内容でした。

模範演技者解説課題
3級田代友里子さん川村悦子先生自他装 袷長着名古屋帯
2級松村礼子さん小林久枝先生自他装 訪問着二重太鼓
1級柴田尚子さん石澤節子先生自装 留袖二重太鼓
他装 振袖ふくら雀
講師大橋美穂さん水守尚子先生他装 振袖文庫基本形
他装 振袖立矢基本形
師範坂本有佳子さん竹内栖美子先生
鈴木勲吾先生
他装 振袖お太鼓バリエーション
他装 男子礼装 長着 羽織 袴


デモンストレーションの様子

写真上clickで拡大

着付け講習
3級自装 袷長着 名古屋帯

着付け講習
3級他装 袷長着 名古屋帯

着付け講習
2級自装 訪問着二重太鼓

着付け講習
2級他装 訪問着二重太鼓


着付け講習
1級自装 留袖二重太鼓

着付け講習
1級他装 振袖ふくら雀

着付け講習
講師他装 振袖文庫基本形

着付け講習
講師他装 振袖立矢基本形


着付け講習
師範他装 振袖創作結び

着付け講習
師範他装 男子礼装長着・羽織・袴

着付け講習
先生による他装振袖文庫創作結び

着付け講習
先生による他装振袖立矢創作結び