平成28年度 着付け国家検定講習会  着付け職種技能検定に向けて

参加者 1級7名 2級1名

実施日内容
6月19日・一級実技デモンストレーション・着付け 補正~長襦袢 
7月3日・着付け 着物~帯
7月31日・タイムトライアル 補正~着物、帯 フィードバック
8月28日・タイムトライアル 試験に準じて フィードバック

着付け国家検定講習会






平成27年度 着付け国家検定講習会  着付け職種技能検定に向けて

今年で4回目となる「着付け国家検定講習会」が6月21日にスタートしました。

この講習会は、着付け職種技能検定合格に向けての講習会で、講習会参加者の技能検定合格率は毎年90%を超えています。

今年の受講者は、当連合会会員以外にも当WEBサイトを通じて10名の一般者が参加しています。

初回の講習内容は、指導部員による着付けの実演を基に、基礎となる補正の仕方や長襦袢の着付けを中心に行われました。

着付け国家検定講習会






平成26年度 着付け国家検定講習会  着付け職種技能検定に向けて

平成25年6月22日、東京大田区の御嶽山神社に於いて、今年度第1回目の「着付け国家検定講習会」が行われました。

第1回目の今回は、例年により指導部員自らによる着付けの実演が披露され、補正の説明、長襦袢、着物、帯の締め方まで、一連の動作に沿って細かく指導されていました。

その後、受講者がそれぞれ指導員に付き、補正の仕方、長襦袢の着付けを集中的に行いました。
今年度は、連合会会員以外の一般者からも数名の参加があり、参加者全員の真剣に取り組む姿勢が印象的でした。

着付け国家検定講習会






平成25年度 着付け国家検定講習会  着付け職種技能検定に向けて

平成25年6月23日、東京大田区の御嶽山神社に於いて、今年度第1回目の「着付け国家検定講習会」が行われました。
参加者については、当会会員以外の方も数名の参加があり、遠方からは青森県三沢市在住の方も参加いただきました。
今回は、指導方法をより強化するため、当会指導部員全員が美容師の先生に美容界の着付けを事前に伝授され、そのノウハウをもとに受講生の皆さんへの指導にあたりました。
第1回目の今回は、指導部員自らによる着付けの実演が披露されました。
まずは道具の確認から始まり、ウエストと肩の補正の説明がされ、長襦袢、着物、そして帯の締め方まで、一連の動作を細かく指導されていました。受講者からもいくつか質問があり、真剣に取り組む姿勢が表れていました。
指導員による実演終了後は、各自の着付けに移り、指導員の指導を受けながら着付けに取り組みました。

着付け国家検定講習会





平成24年度 着付け国家検定講習会  着付け職種技能検定に向けて

第三回目の着付け国家検定に向け、東京都大田区の御獄神社にて今年も七月から十月迄、合計四回の実技講習会が実施されました。受講者人数は、一級を受検する人六名、二級を受検する人二名の計八名が受講されました。
第一回目は昨年度の国家検定の講習会を基に着装部の先生方が模範実技をし、そして、補正と帯結びに重点をおいて指導されました。補正がキチンと出来ていないとその後の着物の着付け、帯結びがきれいに仕上がらないということで補正は特に丁寧に指導されていました。
帯結びについては一級はふくら雀で、羽根の形が三つ山ヒダでも箱ヒダでも良いということなので、三つ山ヒダは受講者の皆さんがよく理解していることと、箱ヒダの方が背中にしっかりと付くということで箱ヒダのふくら雀を中心に指導されました。
三回目、四回目の講習の時は、実際の受検の時間通りに時間を計って練習しました。始めは、久しぶりに着付けをする方もあり、なかなか捗らず、大変時間もかかりましたが、回を重ねるごとに勘を取り戻し、スムーズに手が動くようになり、笑顔もでるようになりました。
本番近くなってくると、受講者の方々も益々真剣になり、一生懸命取り組まれました。この練習の時のように落ち着いて、自信を持って受検されたことと思います。

着付け国家検定講習会