各会からのお知らせ

神奈川県和服裁縫協同組合から研修会のお知らせ

定員数に達したため申込みを締め切りました。

平成27年5月10日の定時総会選挙に於いて、青年部役員が本部理事となり、それに伴い青年部としての活動は終了となりました。この度、青年部研修会の48年間続いた精神はそのままに、新生!!和裁組合研修会として、第117回目を開催します。


「江戸時代からの着付け技術を体験」パートⅡ

江戸時代、前、中、後期・明治・大正・昭和と時代の流れに沿って、着付けの帯結びの移り変りがありました。それぞれの時代背景と文化を学び、着付けを体験することによって、何が今と違うのか、また何故変わったのかを知り、現代の着付けにも応用できる技術を会得していきたいと思います。
ランチは江戸時代からあった食材だけで作ったお弁当とお菓子をご用意します。
是非この機会にご参加下さいます様ご案内申し上げます。

日 時
平成28年2月21日(日) AM9:00~PM3:30
会 場
横浜市技能文化会館7階和室
横浜市中区万代町2-4-7
TEL 045-681-6551
JR関内駅南口下車徒歩5分
講 師
大家 満 先生 (民族衣装着付師)
参加費
一般 10,000円
神奈川県和服裁縫協同組合会員 8,000円 (お弁当、お菓子、お茶込み)
持ち物
着物一式 もしくは着物着用でご出席ください。
締切り
平成28年1月18日~2月8日
会場の都合により先着順にて(36名)定員になり次第締め切ります。
申込み
神奈川県和服裁縫協同組合企画部長・着装部長 石川元久045-715-3741
協 賛
横浜商工会議所



平成27年度 神奈川県和服裁縫協同組合 青年部研修会のお知らせ

第116回目の研修会は「八千代掛け」を行います。
以前に反物をどこも切らず縫い合わせた研修会を行いましたが、「八千代掛け」もまた、どこも切らずに仕立て、フードが付いている様に見える、とてもモダンな形の掛け着です。比翼や紐飾りを付けることで一段と豪華に見えます。もちろん、ほどけば鋏の入っていない元の反物に戻ります。
今では、これを伝承できる先生も少なくなってしまいましたので、ぜひこの機会にご一緒に縫ってみませんか。

テーマ
「八千代掛け」
日 時
平成27年 9月13日(日)10月18日(日)
両日AM 9:00~PM 4:00
会 場
横浜市技能文化会館 7階 和室
横浜市中区万代町2-4-7 TEL 045-681-6551
JR関内駅下車 徒歩5分
講 師
長友文子 先生
参加費
28,000円  材料 弁当 お茶込み
        
持ち物
和裁用具一式
締切り
先着順 (キャンセル不可)
問合せ
青年部長 石川元久 045-715-3741



平成25年度 神奈川県和服裁縫協同組合 青年部研修会のお知らせ

平成26年3月9日(日)に「巻き縫い仕立ての羽織」部分縫いの研修会を行います。(片身頃です。背、マチ)
基本は巻き縫いなのですが、羽織の背縫いの仕方が工夫された縫い方、始末なのです。
これは、コートの残布もしくは別布を使って行います。羽織は男物で注文があるそうです。
是非、この機会に勉強してみませんか。皆様のご参加をお待ちしています。

テーマ
「巻き縫い仕立ての羽織」
日 時
平成26年3月9日(日) AM 9:00~PM 4:00
会 場
横浜市技能文化会館 7階 和室
横浜市中区万代町2-4-7 TEL 045-681-6551
JR関内駅下車 徒歩5分
講 師
小栗 百合子先生(東京和裁技能士会会員)
参加費
一 般  16,000円 弁当 お茶込み
青年部 13,000円
持ち物
和裁用具一式
締切り
平成26年1月25日
問合せ
青年部長 石川元久 045-715-3741


第109回 神奈川県和服裁縫協同組合 青年部研修会のお知らせ

第109回青年部研修会は、ご好評により再度『巻き縫い仕立ての着物衿コート』を行います。

テーマ
「巻き縫い仕立ての着物衿コート」
日 時
平成25年 9月 8日(日)  AM9:00~PM4:00
平成25年 11月10日(日)  AM9:00~PM4:00
平成26年 2月 9日(日)  AM9:00~PM4:00
会 場
横浜市技能文化会館  7階 和室
横浜市中区万代町2-4-7 TEL 045-681-6551
JR関内駅下車 徒歩5分
講 師
小栗百合子 先生 (東京和裁技能士会 会員)
参加費
材料費、弁当、お茶込み 50,000円
(初回25,000円 2回目25,000円の分割も可)
    
持ち物
和裁用具一式
問合せ
青年部部長 石川元久まで宜しくお願い致します。
TEL 045-715-3741 横浜市南区中島町4-73-3
締切り
平成25年7月1日迄

会場の都合により定員になり次第締め切らせて頂きます
又、キャンセルは材料準備の都合により8月25日迄とさせて頂きます
それ以降の場合は全額負担となりますので宜しくお願いします


第106回 神奈川県和服裁縫協同組合 青年部研修会のお知らせ

巻き縫い仕立ての着物衿コート

第106回青年部研修会は『巻き縫い仕立ての着物衿コート』を行います。
多くの方に着て頂ける様に、羽織より用途のある抱き合わせコートにて、巻き縫いの研修を致します。

巻き縫いは、その昔に極々上仕立て総落としと言う名で呼ばれ、明治末から大正時代にかけて、贅沢なお客様の衣装として流行したと言われています。その仕立て方はいろいろあった様です。
当時、百貨店の仕事をしている腕自慢の職人が仕立てた様で、徒弟的な時代ゆえ、技術を伝承するはずがなかったのでしょう。
素材は夏物として紗、明石、透綾を使い、裾の折り返しには細工縫いをして、少ない縫い込みを裁ち落とし、出来るだけ細くして丁寧に始末する技術です。現物を見たことがない方には、想像もつかないかもしれませんが?
そこで青年部の研修会としては、仕立ての技術のある皆様と共に、大作からではなく、少しずつ基礎となる構造を勉強したいと思います。現代にアレンジした紐飾りを付けた当時の復刻したコートを作ります。
貴重な事や希少な事は、賛同してその伝授する先生が数名しかいないと言う事です。是非、この機会に勉強してみませんか?

テーマ
「巻き縫い仕立ての着物衿コート」
日 時
3月17日(日) AM10:00~PM4:00
5月19日(日) AM9:00~PM4:00
7月14日(日) AM9:00~PM4:00
会 場
横浜市技能文化会館  7階 和室
横浜市中区万代町2-4-7 TEL 045-681-6551
JR関内駅下車 徒歩5分
講 師
小栗百合子 先生 (東京和裁技能士会 会員)
参加費
材料費、弁当、お茶込み 50,000円
(初回25,000円 2回目25,000円の分割も可)
    
持ち物
和裁用具一式
問合せ
青年部部長 石川元久まで宜しくお願い致します。
TEL 045-715-3741  横浜市南区中島町4-73-3
締切り
平成25年2月17日迄

会場の都合により定員になり次第締め切らせて頂きます
又、キャンセルは材料準備の都合により3月10日迄とさせて頂きます
それ以降の場合は全額負担となりますので宜しくお願いします



第104回 神奈川県和服裁縫協同組合 青年部研修会のお知らせ

テーマ
「切りバメ信玄袋」
日 時
1回目 9月9日(日)  AM10:00~PM4:00
2回目 10月14日(日) AM9:00~PM4:00
会 場
技能文化会館 (関内) 7F和室
参加費
25,000円 (教材・お弁当代 含む)
講 師
今里基江先生 (大東京和服裁縫教師会元会長)
問合せ
和裁組合青年部部長 石川元久まで宜しくお願い致します。
TEL 045-715-3741  横浜市南区中島町4-73-3
締切り
8月20日まで
*当日は銀座にて個展をなされた作品を展示致します。とても参考になると思います。

※「切りバメとは?」・・・象嵌(ぞうがん)

「布の中に輪郭通り別の布を切り、抜き高ばりもせず、はめ込み縫いをする技術!!」

今回の主旨は袋物を通して、創作品やリ・メイク着物などのお役に立てればと思い、切りバメに熟知されている今里先生を迎え研修会を行います。表面は直線中心に、裏面は曲線中心に行います。
貴重な事や希少な事は、その伝授する先生が今現在数名しかいないという現状です。
是非とも時間が許すならばご出席をお願い致します。